キャビテーションエステに副作用はある?

MENU

キャビテーションエステに副作用はある?

キャビテーションエステに副作用はある?

理想的なスタイルを手に入れるために、エステサロンで痩身エステなどを受けた経験のある人も多いでしょう。その痩身エステの一つとして最近話題を集めているのが、キャビテーションエステというものです。

 

これは、身体に特殊な超音波を当てることによって脂肪細胞を柔らかく乳化させ、老廃物としてスムーズに体外へ排出させることを目的とした施術のことで、脂肪細胞を根本から無くしてしまうことができるので部分痩せも可能な点が大きな魅力となっています。

 

最近は人気の高まりもあって施術を受けられるエステサロンも徐々に増加してきており、費用も最初の頃と比べると落ちつきつつあります。効果だけを見ると非常に有効な痩身エステだと言えるのですが、やはり身体に施術する以上副作用の有無が気になります。

 

キャビテーションの副作用が本当にあるのか?

 

超音波で脂肪細胞を乳化するというのは、簡単に言えば脂肪をドロドロに壊してしまうということなので不安に感じる人もいるでしょう。結論から言うと、世界的に見てもこれまでキャビテーションエステによって深刻な後遺症が残ったということはもちろん、命に関わるような事例も1件も発生していません。

 

この技術はエステに限らず医療現場でも用いられており、様々な臨床実験を繰り返して脂肪細胞の他には何ら影響を与えない特殊な超音波周波数によって施術が実施されています。つまり医学的にも安全が立証されている施術方法であり、重大な問題を与えることはまず無いと言えます。

 

ただ、これはどんな医薬品や商品でも言えることですが、使用にあたって軽微な副作用は発生する可能性があります。痛み止めであれば胃痛といった具合に、キャビテーションでも健康や命に関わるような重大な問題ではないにしろ、何らかの不調が現れる可能性はあるので注意が必要です。

 

具体的には、まず施術後に耳鳴りがしばらく残ってしまうという症状が報告されています。キャビテーションは特殊な超音波を肌に当てるのですが、その際にどうしても超音波が骨にも当たってしまうため、金属音のような独特な音が鳴り続けてしまいます。

 

施術が終わっても、その音が耳に残ってなかなか取れないというケースがありますが、ほとんどの場合30分から長くても1時間程度で収まるので大きな心配はありません。次に、超音波によってドロドロになった脂肪細胞は肝臓を通して排出されていくため、一時的にですが肝臓に大きな負担がかかってしまいます。

 

この時に甘いスイーツや油分の多い揚げ物、アルコールやタバコなどを口にしてしまうと肝臓に強く大きな負担がかかってしまうため、施術後はしばらくこういったものを避ける必要があります。

 

肝機能がもともと悪い人は、最初からキャビテーションを受けないようにした方が良いでしょう。肝臓へ大きな負担がかかると、同時に胃腸の調子も落ちてしまうことがあるので、食事そのものを避けておいた方が無難です。

 

人によってはしばらく下痢が続いてしまうこともあるので、外出する予定がある場合などは注意しておきましょう。さらに、溶けだした脂肪が肝臓だけでなく血管にも吸収されてしまうため、こちらも一時的に血中脂肪の値が高くなってしまうことがあります。いずれも症状がずっと続くわけではなく、長くても数日もすれば元通りの状態に戻っていくとされています。

 

痩身エステとしては様々な施術方法がありますが、その中でもキャビテーションは飛び抜けて安全性が高い方法だとされています。大きなデメリットの心配はありませんが、施術を受けるにあたって副作用以外の注意点もいくつかあります。安全性が高いと言っても、希望すれば誰でも好きなだけ受けられるというものではありません。

 

体の具合や持病の有無によっては施術を避けたほうが良い場合もあるので、自分が該当していないか事前にエステサロンによく確認しておくことが大切です。

 

キャビテーションを避けたほうが良いケースとしては、まず女性の場合生理中の時期が挙げられます。生理中はホルモンバランスも乱れがちで、肌や身体の機能が衰えやすくなってしまいます。特に腹部への施術は子宮へ悪影響を与えてしまう可能性もあるため、この時期には施術をしてくれないエステサロンが多いです。同じ理由で、妊娠中や授乳中の人も赤ちゃんへの影響を考えて施術は避けておきましょう。

 

また、骨粗鬆症など骨が脆くなっている状態の人も注意が必要です。キャビテーションは超音波が骨にまで当たってしまうため、骨の強度が不十分だと損傷してしまう可能性もあります。

 

この他、身体にペースメーカーを埋め込んでいる人や施術部分に怪我や火傷をしている人、心臓病や皮膚疾患に糖尿病などの持病を抱えている人も施術によって悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので施術を受けることはできません。

 

このように、キャビテーションエステは効果が非常に高く、危険なデメリットが少ない優れた痩身エステだと言えます。注意点を理解しつつ、計画的に受けるようにしましょう。

 


関連ページ

キャビテーションエステはきれいになれる効果がある
脂肪細胞を分解して、リバウンドもしづらい驚きの方法って聞いたけど、これって本当?ここでは、キャビテーションエステは痩せるだけでなく、綺麗にもなれるという評判は本当なのか、わかりやすく解説しています。
脂肪を溶かすキャビテーションエステと美容外科の違い
キャビテーションとは脂肪細胞を分解するって言うけど、これって手術じゃないの…?そんな疑問も聞こえています。ここでは、脂肪を溶かすキャビテーションエステと美容外科の違いについて解説していきます。
セルライトに効果があるキャビテーションエステの口コミ
非常に消すのが難しいやっかいな存在と言えるセルライト、このセルライトを燃やす効果があると言われているキャビテーションエステの口コミ評価について解説しています。
キャビテーションエステなら少ない日数で高い効果が得られます
ダイエットは普通は長い時間を掛けて徐々に痩せていかないと、リバウンドで逆に太ってしまったり、なかなか成功が難しいですよね?ここでは少ない日数でも非常に高い効果が期待できると言われているキャビテーションエステの痩身について解説しています。
キャビテーションエステの効果や費用とは
短い時間で、萌えづらいセルライトを燃焼させることが出来たり、高い効果が評判のキャビテーションエステ、その効果と費用はどのほどのものなのか、わかりやすく解説しています。